リビングの本棚の撤去リフォーム

大津市のマイホームをリフォームすることになりました。私の家には、リビングに本棚を作っていました。それは、主人も私も本が好きなことと、子供たちも本に慣れ親しんで欲しいと思ったからです。子供が小さい時には、その本棚から本を出して、リビングでよく読んでいたのです。その本棚は、リビングのひとつとして作り棚をしてもらっていました。そのため、地震が来ても安心できる棚だったのです。
ところが子供の成長とともに、本棚を使うことも少なくなり、またリビングが狭くなったこともあり、その本棚をのけることにしたのです。懐かしい思いがありましたが、そんな事を言っていたらリフォームをすることができません。そこで思い切って、不要となった家具を撤去することにしたのです。それと同時に、コンセントの数を増やしてもらうことにしました。
その結果、リビングが広くなりとてもいい感じです。またコンセントを部屋の真ん中につけてもらうことができたので、テレビを真ん中に置くことができとても便利です。